薫風に泳ぐ

先日の地震(M6.8)はまた大きいものでしたが,皆様にお変わりはありませんでしたでしょうか?

幸い当日中には対応できたのですが,小百合園でも少し被害があり,

ご近所の方をはじめ,多くの方々にお世話になりました。この場を借りて感謝を申し上げます。

 

 

さて,子どもの日ですね。

小百合園では,半月ほど前から上げている鯉のぼりですが,今年は一匹,鯉を増やしています。

なぜかと言いますと,5月5日の誕生日の子がこの時期,自分と鯉のぼりを同一化している節がありまして,

世の端午の節句(子どもの日)の祝いムードが自分の誕生の祝福と重なって,鯉のぼりが大好きなのです。

自分の存在を見えない大勢からも肯定されている気持ちなのかな?これは大切な感覚だと思います。

そして,鯉のぼりを見上げて喜ぶ○○ちゃんの声を聞きつけて園長が一言,

「おめでとうの意味でもう一匹,○○ちゃんだけの鯉のぼりを上げたいんだ。何色がいい?」

と聞いたんです。それで青い鯉が追加されています(写真の左から2匹目です)。

ところがこの鯉,実際上げてみると吹き流しやお父さん鯉よりも大きくて…。

皆で大笑いしてましたが,当の本人はというとご満悦。他の子に自慢して最高に嬉しがっていましたよ。

 

 

柏餅も味わって過ぎ行く一日。

今年の子どもの日はこんなエピソードの小百合園でした。

 

 

 

カテゴリ:ブログ   2021/05/05  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加