六月でも五月晴れと言いたい日のこと

梅雨入り前の貴重な晴天,六月一週目ながらこの爽やかさは

「五月晴れだ」と言ってしまいます。

昨朝,当園の里親支援専門相談員がマリア様の足元にある躑躅の一株に

小さな奇跡を発見しました。

紅白五分五分躑躅
「紅白五分五分躑躅」

    ※どうやらネーミングセンスに奇跡は起こらない模様。

花色が見事に紅白半分半分で,雄しべもピンクと白に別れているのです。

科学的には自然に起きたDNA配列の変化。いわゆる突然変異なのですが,

あまりにも作り物のようでおどろきでした。

昨日からのお客様の中には気付かれた方もおられたでしょうか。

 

 

それから,今朝は資源回収がありました。その後は昨日の嵐のお片付け。

子どもと職員で,敷地内に散乱する木の枝と落葉を掃き掃除しました。

 

と同時に前庭の草刈りをしていた園長,今年もまたいたずらをします。

「ミニオンとけんけんぱ,そしてカエルくん」
「ミニオンとケンケンパ,そしてカエルくん」

謎のタイトル作品です。

何せその場の思いつきですから。 (あっ右手が無かった…)

早速,見つけて遊びに来る子どもたちの歓声を聞きつつ,

「ケンケンパのゴールはハートだからね!」と解説し,

内心「きっと喜んでくれるのは今日だけだろうなぁ…」

と自虐園長。

 

午後には,昨年度末に里親委託となった二人の小学生が

初めて遊びに来てくれました。

迎えた小学生たちは大はしゃぎ&大喜びです。とても賑やか!

 

相も変わらず草陰にはカナヘビがちょろちょろ。

そして,それを追いかける子どももちょろちょろ。

 

午後になって風が出てきましたね。

今日はこんな小百合園でした!

皆様も,皆様にとっての何でもない日を祝いましょう!

カテゴリ:ブログ   2021/06/05  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加