当園固有種の紹介です。

梅雨の真ん中ですね。

早速ですが,今回は事務長Oさんのアート作品を紹介します。

「ガクガクアジサイ」

「ガクガクアジサイ」

差し込む自然光の演出に狙いがあるような一作品ですよ!これは。

しかし…種を明かしますと……

 

 

 

事務長アートの種明かし.jpg

こんな感じでした。

休み明けの園長,出勤したら机の背後にこんないたずらが…

いえいえ,アート作品がありました。

作品名を聞きますと「ガクガクアジサイ」だそう。

園長「額に入っているガクアジサイだから?」

Oさん「膝がガクガクだから♡」 

はい,小百合園の固有種登録,決定!

 

当園の事務長Oさん,畑での野菜作りはもちろん植物全般への

愛情を注ぐお方です。人に対してだけではありません。

毎年,子どもたちにもいろんな種を蒔かせ,発芽や成長,

開花の喜びを教えてくれている仕掛け人です。

種植え作業中
種植え作業中

どうです? 今年の弟子たちは優秀でしょうか?

 

ひと月も経てばこの通り,マリーゴールドや朝顔,百日草,

トマトやトウモロコシ,ナス,枝豆などなど…。

 

小さな一粒の種が芽を出すことの不思議!神秘!

Oさんが子どもたちに伝えたいこと。

同じく植物好きの園長にはよ~く分かります。きっとそう。

 

今の時期,園庭は意外と賑やかです。

人の話題に上がりませんが,美しいのはどくだみ,露草,キリンソウ

シモツケソウ,南天,ヒメヤブランなんかが旬です。

中でも園長のおすすめは,どくだみ,りゅうのひげですね。

りゅうのひげはきれいな青い実が後でできますが,

子どもにとっては宝石級です。発見の喜び,手に取る喜び。

これは知っていないと見つけられませんからね。

 

一方,園内も子どもたちが賑やかです。

梅雨の晴れ間は二年ぶりのプールも待っている小学生,

ショートステイで迎える小さいお友だちたちなど,元気いっぱいです。

当園の子どもたちのことをいつも気にかけてくださる

多くの皆様方のお蔭であります。

心より感謝を申し上げます。

カテゴリ:ブログ   2021/06/30  

六月でも五月晴れと言いたい日のこと

梅雨入り前の貴重な晴天,六月一週目ながらこの爽やかさは

「五月晴れだ」と言ってしまいます。

昨朝,当園の里親支援専門相談員がマリア様の足元にある躑躅の一株に

小さな奇跡を発見しました。

紅白五分五分躑躅
「紅白五分五分躑躅」

    ※どうやらネーミングセンスに奇跡は起こらない模様。

花色が見事に紅白半分半分で,雄しべもピンクと白に別れているのです。

科学的には自然に起きたDNA配列の変化。いわゆる突然変異なのですが,

あまりにも作り物のようでおどろきでした。

昨日からのお客様の中には気付かれた方もおられたでしょうか。

 

 

それから,今朝は資源回収がありました。その後は昨日の嵐のお片付け。

子どもと職員で,敷地内に散乱する木の枝と落葉を掃き掃除しました。

 

と同時に前庭の草刈りをしていた園長,今年もまたいたずらをします。

「ミニオンとけんけんぱ,そしてカエルくん」
「ミニオンとケンケンパ,そしてカエルくん」

謎のタイトル作品です。

何せその場の思いつきですから。 (あっ右手が無かった…)

早速,見つけて遊びに来る子どもたちの歓声を聞きつつ,

「ケンケンパのゴールはハートだからね!」と解説し,

内心「きっと喜んでくれるのは今日だけだろうなぁ…」

と自虐園長。

 

午後には,昨年度末に里親委託となった二人の小学生が

初めて遊びに来てくれました。

迎えた小学生たちは大はしゃぎ&大喜びです。とても賑やか!

 

相も変わらず草陰にはカナヘビがちょろちょろ。

そして,それを追いかける子どももちょろちょろ。

 

午後になって風が出てきましたね。

今日はこんな小百合園でした!

皆様も,皆様にとっての何でもない日を祝いましょう!

カテゴリ:ブログ   2021/06/05