社会福祉法人善き牧者会 児童養護施設小百合園のホームページです。

社会福祉法人 善き牧者会 児童養護施設小百合園
社会福祉法人 善き牧者会 児童養護施設小百合園

ブログ

一年の始まりに

年の始まり,最初の職員会議の冒頭の祈りから。

「新年を迎え早いもので半月が経とうとしています。子どもたちも大きなケガや病気をすることなく元気に冬休みを  終えることができました。しかし,ここにきてまた新型コロナウィルスが拡大してきています。我々のすることはただ一つです。気を緩めることなく感染予防に努め,この園から感染者を出さないことです。」

「年度末に向かって何かと忙しくなってきますが,小百合園職員の一番の強みであるチームワークを活かして一人ひとり自分にできることは何か,やるべきことは何かを考えながらコツコツとやっていきましょう。皆が笑顔で毎日を過ごせますように。」                               A主任(家庭支援専門相談員)

新年を迎えた玄関先

年末年始,成人式等を経て新型コロナウィルス感染症の第6波が来てしまいました。ここのところ数日の新規感染者数を見ても驚異的な拡大傾向が全国で顕著で怖さを感じてしまいます。当園の周辺地域での感染者情報を聞くにつけ警戒心が高まるとともに,できれば無傷で,あるいは仮に罹ってしまっても子どもたちの症状が軽く済み,最小限の人数で済むようにと祈るばかりです。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

年が明けますといろいろな事が動き始めます。大学進学を目指す子どもは大学入学共通テストも無事に終え,高校生を目指す子どもたちの受験シーズンとなっています。

コロナ対策や受験関係に気を揉む一方で園内の子どもたちはと言いますと…。

先週末,事務所にいた園長に幼児からこんな挑戦状が届きました。

「お返事ちょうだいねぇ~!絶対だよ~。」と言い残して去っていく二人。

歳女児Tちゃん

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

お正月に暇をもてあそぶ幼児・小学生に向けて園長がなぞなぞ問題を出して遊んでいたのですが,「さてはその名残りかな?」と合点がいきました。

ちなみに左の写真には「カエルは何で緑色なのか?」と書いてあるそうですよ。(笑)頑張っても読めません!!

これに園長が答えると,次は返しのなぞなぞのおねだりがあり,その後で子どもたちには園長の即席なぞなぞお手紙が届くのでした。またその答えや考える過程のやりとりが面白いのですね。

独創的で柔軟な子どもの発想にはいつも固定観念を覆される楽しさがあり,NHKラジオの子ども科学電話相談ばりの面白さがあります。皆さんならこのような子どもの急な問いに,どんな風に返していきますか?

新年も初月から大変な状況となっておりますが,健康に気を配りながら身近な人々と何とか笑顔で過ごせていきますように。皆様と私たちがそうあることを祈ります。


<<
>>
社会福祉法人 善き牧者会 児童養護施設小百合園

〒983-0837
宮城県仙台市宮城野区枡江1-2【MAP】
電話 022-257-3898 
FAX 022-354-1822
【E-MAIL】

Copyright(C) 善き牧者会 児童養護施設小百合園 All Right Reserved.

pagetop